<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「私の船頭役は終わった」モンテゼーモロ退任 正式発表(レスポンス)

フィアットグループは現地時間20日夕方、ルカ・ディ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ会長(62歳)の退任を発表した。これによって、2004年以来のフィアット-モンテゼーモロ体制が幕を閉じることになる。

[関連写真]

モンテゼーモロ会長は、「私の船頭役は終わった」と説明。「今日のフィアットは健康体で競争力を持った企業である。マルキオンネ(CEO)とフィアット全従業員のおかげで、全レベルと分野で成長を果たした」と語った。

モンテゼーモロに関しては過去にもたびたびイタリア政界への進出が噂され、本人はその都度否定してきたが、今回の発表でも彼は「政治に関与することはない」とあらためて否定。引き続きグループ取締役と、グループ傘下であるフェラーリの会長職に専念することを明らかにした。

モンテゼーモロが会長に就任したのと同じ2004年からCEOを務めるセルジオ・マルキオンネは、「この6年間、ルカと私は素晴らしいコンディションを作り上げてきた。これからも友人同士だ」と述べた。

またモンテゼーモロの後任として会長に就く創業家出身のジョン・エルカン副会長は、「私から、そして家族からも、モンテゼーモロに“ありがとう”と言いたい」と述べ、フィアットが経営危機にあった2004年5月、エルカンと一族がモンテゼーモロに会長就任を要請。彼がそれを了承してくれたエピソードを披露。モンテゼーモロがグループ取締役とフェラーリに留まることを「歓迎すべきこと」と語った。

なお、エルカンの後任にあたる副会長は当面置かない。新会長に就任するエルカンは今年34歳。フィアット111年の歴史上、最も若い会長となる。

今回の発表の席上、彼は28歳年上のモンテゼーモロを、仲間同士で使う二人称「tu(君)」で呼んだ。エルカン自身は泣く子も黙る創業家出身。さらに「tu」は今日のイタリア社会で、たとえ上司に対してでも使う表現に変貌しつつあることも事実だ。しかしながらイタリア屈指の企業フィアットのトップマネジメントが公の場で「君」で呼びあったところに、フィアット再建のため戦ってきた盟友の雰囲気が漂っていたことも確かだった。

《レスポンス 大矢アキオ》

【関連記事】
モンテゼーモロ退任、後任はフィアット創業家34歳 伊報道
フェラーリ、オンラインオークション開始…第1号車は会長所有車
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ副社長に昇格
フィアット 特別編集
フェラーリ 特別編集

ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)
偽ブランド品3万8千点を処分 大阪税関(産経新聞)
中国「必要な防衛措置」=ヘリ近接飛行を正当化(時事通信)
<公取委>「工事の談合助長」と青森市に改善要求(毎日新聞)
分散飼育でトキのヒナ誕生=全国で3カ所目−石川(時事通信)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-27 22:59

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)

 日本上空に強い寒気が流れ込んだ影響で16日、東京都心の最高気温が7.4度など、関東地方を中心に真冬並みの寒さとなった。神奈川県箱根町では季節外れの雪景色が見られたほか、東京都練馬区では車のフロントガラスにうっすらと雪が積もった。

 箱根町役場によると、標高の高い地点では十数センチ以上積もったという。職員は「4月半ばに積もるなんて覚えがない。ちょうど見ごろを迎えたサクラも雪をかぶって、かわいそう」。

 気象庁によると、今年は北極付近から流れ込んでくる寒気と、南からの暖気がともに強く、日本上空で一進一退の“攻防”を続けているため、例年になく寒暖の差が激しい。ここ数日は寒気が優勢で、南の海上を通過中の低気圧がさらに寒気を引き込み、異例の寒さになったという。

 九州でも宮崎市で15日、最高気温が9.5度と4月としては観測史上1位の低さを記録。全国的に冷え込んでいる。

 東北から関東・甲信地方では、17日も雪となる見込み。気象庁は、東北南部や関東の山沿い、甲信、箱根から多摩西部などで、最大20センチの積雪を予想している。関東南部の平野部でも「積もるほどでないが、雨に雪が交じる可能性がある」(同庁)。都心部で17日に雪を観測すれば、昭和42、44年と並び、観測史上1位の遅さとなる。

 今後1週間も雨や曇りが多く、気温も平年並みから平年以下となる所が多い見通し。

【関連記事】
4月半ばで東京に雪? 気象庁予報、観測史上1位の遅さも
天候不順で野菜高騰 農水省が出荷前倒し要請
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?
日照不足で野菜高騰 ナスやピーマン3、4割高
サクラエビ漁、天候不順で大幅遅れ 静岡
外国人地方参政権問題に一石

橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
鳩山首相、天気も政権運営も荒天模様?(産経新聞)
首相はつらいよ? =山田洋次監督が激励(時事通信)
春の大雪、道内大荒れ…日高では記録的大雨(読売新聞)
<ミニカー>漆塗りのトミカ 輪島塗のフェアレディZ(毎日新聞)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-23 08:59

民主、ネット選挙解禁へ素案=自民も要綱、今夏適用は不透明(時事通信)

 インターネットを利用した選挙運動の解禁に向けて、民主党が取りまとめた公選法改正案の素案が15日、分かった。選挙期間中のホームページやブログなどの活用・更新を認める内容だ。一方、自民党も14日に独自の公選法改正案要綱を決定。民主、自民両党内には今国会成立を目指す動きもあるが、国会日程が窮屈なことなどから、夏の参院選で適用されるかは不透明だ。
 現行の公選法は、定められたビラやはがき、政党のマニフェスト(政権公約)以外の「文書図画の頒布」を禁止している。総務省は、ネットによる候補者活動の紹介や訴えなどは「文書図画」に当たるとしており、政党や候補者は公示後、ネットを利用した選挙運動はできない。
 民主党の素案によると、投票日前日まで政党や候補者がホームページやブログ、簡易ブログ「ツイッター」に、選挙活動の状況や訴えを書き込むことを認める。投票日も、前日までの書き込みは削除されず、閲覧することができる。電子メールに関しては、選挙運動用メールの送信に同意した有権者のみ対象とし、送信拒否を通知した有権者に送信した場合は罰則を科す。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

首相動静(4月18日)(時事通信)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)
「哀れでますますいかれた鳩山首相」…米紙酷評(読売新聞)
日本から韓国へ鯨肉密輸? =米研究者ら調査チームが指摘(時事通信)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-20 16:34

<密約開示判決>「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)

 沖縄返還を巡る密約文書の開示請求訴訟で勝訴した原告の一人で元毎日新聞記者の西山太吉さん(78)が10日、東京都文京区で講演し、9日の東京地裁の判決について「歴史に残る判決」と改めて評価した。

 演題は「知る権利は守られたか」。西山さんは、支援者ら約160人を前に、訴訟に至る経緯を身ぶりを交えて説明。「われわれが裁判を起こして今回の判決を導き出していなければ、外務省の外部有識者委員会による報告書が密約問題に関する唯一の解明文書となり、国民の知る権利は封殺されていただろう」と指摘した。【内藤陽】

【関連ニュース】
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委
密約:藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書
日米密約:「説明受けた」中曽根元首相、認める

盗難バイクの情報提供へ…転売防止で大阪府警(読売新聞)
垂直尾翼ではく離=ISSドッキングに影響なし−山崎さん搭乗のシャトル(時事通信)
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕−警視庁(時事通信)
<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)
北九州市議選偽投票、被告の元候補に実刑判決(読売新聞)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-14 15:20

【第48期囲碁十段戦】第3局 下辺で激しい競り合い(産経新聞)

 先番 十段 張  栩

    天元 山下敬吾 


    持ち時間各4時間

    黒6目半コミ出し

    65手まで


 張栩(ちょうう)十段(棋聖・王座・碁聖)に山下敬吾天元が挑戦する産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第48期十段戦五番勝負」第3局が8日午前9時、長野県大町市の「くろよんロイヤルホテル」で始まった。持ち時間は各4時間。立会人は武宮正樹九段。

 同地では17年連続の開催。白樺の木々が見える対局室で、先番の張十段は右上隅星に第1着を打ちおろした。ここまで連勝し、防衛まであと1勝の張十段はその後も早いペースで手を進める一方、後がない山下天元はじっくり考え、午前中だけで2時間使った。65手まで進んだところで、昼食休憩に入った。

 解説の小林覚九段は「白14の山下天元の打ち込みから戦いの様相になり、白24ノゾキに張十段が黒25と切り返したことで、下辺での競り合いが激しくなりました。ここの分かれが今後の情勢を占うことになりそうです」と話していた。

 熱戦の模様はMSN産経ニュースと、QRコードからアクセスした携帯サイトでライブ中継している。

大手町駅ホームで突き落とし(産経新聞)
<強制わいせつ罪>女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡(毎日新聞)
無駄削った職員、人事で高評価=10年度予算執行で−財務省(時事通信)
鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」(産経新聞)
受動喫煙防止条例 神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-09 03:33

元看護師を再逮捕、患者の肋骨11本折る(読売新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者が肋骨(ろっこつ)を折られたとされる事件で、佐用署などは4日、女性患者(当時85歳)を骨折させたとして傷害罪で起訴された元看護師羽室(はむろ)沙百理(さおり)被告(26)(懲戒解雇)を、別の女性入院患者(当時88歳)の肋骨を折ったとする傷害容疑で再逮捕したと発表した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、羽室容疑者は、2009年1月17日から同月19日までの間、肺炎などで入院中の女性患者(当時88歳)の胸を手で押しつけ、肋骨11本を折り、6週間のけがを負わせた疑い。

 羽室被告は患者6人への暴行を認めており、同署は残る4人についても捜査する。

<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
東西線で男性突き落とし、60歳男現行犯逮捕(読売新聞)
首相動静(4月3日)(時事通信)
よど号事件40年 元赤軍派「結果的に間違い」(産経新聞)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-06 02:27

独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討−枝野行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新相は29日午後、都内で記者会見し、4月に始める事業仕分け第2弾で対象となる独立行政法人(独法)について、「独法通則法廃止をゴールにしたい」と述べ、仕分け結果を踏まえ、現行制度の廃止を目指す考えを明らかにした。
 枝野氏は独法制度について「失敗だった。あまりにも性格の違う各種の仕事を(独法を定める)通則法という一つのルールの中で動かそうとしているので、合理的な制度運営になっていない」と指摘。
 その上で「今の独法を大幅に再編して、今の形の外郭団体もあるだろうし、違う法人形態もあるだろう。役所の外局、付属機関みたいな形でやった方が効率的な部分もあるのではないか」と述べ、新たな法人形態の在り方を検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート
郵政論議は「民主党らしさ」=行政刷新相
規制改革分科会、29日に初会合
「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す

銀河鉄道999 北九州の空へ モノレール開業記念(毎日新聞)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)
センバツ 開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
虚偽献金に検察側「資金の流れを国民から覆い隠した」 検察側論告要旨(産経新聞)
「太陽の塔」目玉点灯…万博40周年記念(読売新聞)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-01 07:03