元看護師を再逮捕、患者の肋骨11本折る(読売新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者が肋骨(ろっこつ)を折られたとされる事件で、佐用署などは4日、女性患者(当時85歳)を骨折させたとして傷害罪で起訴された元看護師羽室(はむろ)沙百理(さおり)被告(26)(懲戒解雇)を、別の女性入院患者(当時88歳)の肋骨を折ったとする傷害容疑で再逮捕したと発表した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、羽室容疑者は、2009年1月17日から同月19日までの間、肺炎などで入院中の女性患者(当時88歳)の胸を手で押しつけ、肋骨11本を折り、6週間のけがを負わせた疑い。

 羽室被告は患者6人への暴行を認めており、同署は残る4人についても捜査する。

<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
東西線で男性突き落とし、60歳男現行犯逮捕(読売新聞)
首相動静(4月3日)(時事通信)
よど号事件40年 元赤軍派「結果的に間違い」(産経新聞)
[PR]
by 6ynrsxnxlk | 2010-04-06 02:27
<< 【第48期囲碁十段戦】第3局 ... 独法制度の廃止目指す=仕分けで... >>